フリーダイヤル:0120-70-1110(受付時間9:00~21:00日曜除く) いつでも1品から送料無料
  • TOP
  • 頭皮と髪を守る夏のヘアケア方法
Beauty Column 読む美容液ビューティーコラム
August vol.1
頭皮と髪を守る夏のヘアケア方法
紫外線や冷房、偏った食生活により、この時季は肌だけでなく、頭皮と髪も大きなダメージを受けています。そのまま放っておくと、パサつき、きしみ、切れ毛、枝毛から始まり、秋がやってくる頃には抜け毛や細毛などのトラブルに見舞われることに。今回は、真夏のダメージから守るヘアケア方法をご紹介します。
頭皮と髪にも紫外線対策は必須
夏の強い紫外線は髪のキューティクルをはがして水分を奪い、パサつきや切れ毛の原因に。肌と同じように紫外線対策が必要です。
まず、日傘や帽子などで紫外線が直接頭皮や髪に当たらないように気をつけます。そのほか、同じ部分にばかり紫外線が当たるのを避けるため、分け目を頻繁に変えるのもポイントです。
紫外線を浴びてしまった時のケアとしては、髪の修復効果がある「アミノ酸」や、ハリ・コシ・ツヤアップに効果的な「アルガンオイル」などを含んだシャンプー剤を使うのがおすすめです。
また、ダメージが気になる時はトリートメントを選んで。リンスやコンディショナーは髪の表面を保護してなめらかにする役割がありますが、トリートメントは髪の内部にまで浸透して栄養を届けてくれる役割があるので、ダメージケアにはトリートメントがより効果的です。
冷えや栄養不足にも要注意
冷房のあたりすぎや、冷たいものの食べすぎ・飲みすぎは、体を冷やして血行不良を起こし、頭皮や髪にまで栄養が届きにくくなります。頭皮マッサージや軽い運動・ストレッチなどで血行を促し、健康的な髪を育てる土台づくりを心がけて。
さらに、暑さによる食欲不振や偏食も栄養不足を招きます。頭皮と髪も栄養不足状態になるため、育毛剤でしっかり栄養を補いましょう。
 「髪は女の命」と言われるほど、美しい髪は女性をより魅力的に見せる重要な要素。今からしっかりケアして、頭皮と髪の健康を守りましょう。
今回のおすすめアイテム