フリーダイヤル:0120-70-1110(受付時間9:00~21:00日曜除く) いつでも1品から送料無料
  • TOP
  • 知っていますか?「SPF」「PA」の意味と違い
Beauty Column 読む美容液ビューティーコラ
July vol.2
知っていますか?「SPF」「PA」の意味と違い
日焼け止めを選ぶポイントの一つでもある「SPF」と「PA」それぞれの意味や違いをきちんと理解していますか?今回は、知っているようで以外と知らないSPFとPAのおさらいです!
SPFとは…
シミや日焼けの原因・紫外線B波の防止効果を表す数値
紫外線B波(UV‐B)は、肌の奥の真皮まで届かず、おもに表皮に影響を及ぼす紫外線のこと。強力で短時間でも大きなダメージを与え、日焼けなどの炎症や軽い火傷などを引き起こしたり、日焼けによるシミやそばかすの原因にもなったりします。
この紫外線B波を防ぐ効果を数値で表したのが、「SPF」です。
紫外線を浴びてから皮膚に赤い斑点ができるまでの時間をどの位長くできるか、の目安を表しており、数値が大きいほど効果が高いことを意味します。現在ではSPF50+が最高値となっています。

【例】SPF30の日焼け止めを使用した場合
個人差はありますが、紫外線を浴びて20分程度で肌が赤くなるとされているので、
20分×SPF30=600分となります。
つまり、肌が赤くなるのを約600分(10時間)遅くする効果がある、ということになります。

PAとは…
シワやたるみの原因・紫外線A波の防止効果を表す数値
紫外線A波(UV‐A)は、肌の真皮層にまで達し、コラーゲンやエラスチンなどの美肌に欠かせない組織を壊してしまう紫外線。そのためハリや弾力が失われ、シワやたるみなどの肌老化を招きます。また、紫外線A波は雲やガラスも通過するため、室内や曇りの日でも注意が必要です。
この紫外線A波を防ぐ効果を数値で表したのが、「PA」。「+」から始まり、「++++」が最も効果が高いとされています。
スポーツや外出の機会が多い人、すぐに肌が赤くなりやすい人はSPFが高いものを、屋内にいることが多い人やシワやたるみが気になる人は、PAが高いものを選ぶのがおすすめですヨ!
今回のおすすめアイテム