フリーダイヤル:0120-70-1110(受付時間9:00~21:00日曜除く) いつでも1品から送料無料
  • TOP
  • 夏も乾燥?インナードライに要注意!
Beauty Column 読む美容液ビューティーコラ
July vol.1
夏も乾燥?インナードライに要注意!
「インナードライ」という言葉をご存知ですか?肌の表面はうるおっているようでも、内側は水分が不足して乾燥している肌の状態のことを指します。乾燥とは無縁のように思える夏も、このインナードライに陥っている女性はかなり多いのです。
見せかけの“うるおい”に騙されてはダメ!
夏の肌は、皮脂が多く分泌されるのでうるおっていると勘違いしがちですが、それは
“うるおい”ではなく“テカリ”。内側の乾燥を何とかしようと、必死に皮脂を分泌させているのです。
そのインナードライの主な原因は「紫外線」「冷房」「汗」。紫外線と冷房は肌の水分を奪い、極度の乾燥状態にしてしまいます。また、汗は肌の水分や保湿成分と一緒に蒸発するため、大量の汗をかく夏は、肌の乾燥がいっそう激しくなるのです。
たっぷりのうるおい補給で徹底保湿!
そんな乾いた状態の肌に必要なのは、とにかく“保湿”です。化粧水をたっぷり使い、うるおいを肌の奥まで届けることがポイントになります。化粧水の重ねづけやパック、手のひらで顔全体をやさしく包み込んで化粧水を肌になじませるハンドプレスなどで保湿ケアを心がけて。
また、化粧水の前に使用して、化粧水をより肌に浸透させるブースター化粧品や導入美容液もおススメ。いつもの化粧水のスキンケア効果をグッと高めてくれます。
適度な油分でうるおいにフタを!
ベタつくからという理由で、夏は乳液やクリームを使わない人も多いようですが、化粧水で保湿したあとは、うるおいが逃げないように油分でフタをする必要があります。その日の肌状態にあわせて乳液やクリームの量を調整しながら、うるおいを肌に閉じ込めましょう。
インナードライを放っておくと、シワやたるみの原因になることも…。今年の夏こそ徹底保湿で、ハリのあるみずみずしい素肌を手に入れて!
今回のおすすめアイテム