フリーダイヤル:0120-70-1110(受付時間9:00~21:00日曜除く) いつでも1品から送料無料
  • TOP
  • 春の肌トラブル対応法
Beauty Column 読む美容液ビューティーコラム
march
春の肌トラブル対応法
温かい日差しが心地よい季節。春の訪れに心が浮き立つ一方で、肌のトラブルに悩まされてはいませんか?この時季に多い“ゆらぎ肌”の原因と対策をご紹介します。

〈原因〉 空気の汚れや紫外線、気温差が影響

 「最近、化粧のノリがイマイチ…」「急に肌が敏感になった気がする」「肌荒れやニキビが目立ってきた」など、特別な理由やきっかけがないまま、“何となく肌のコンディションが気になる”と感じることはありませんか?冬から春に変わるこの時季の肌は、環境の変化や気候による刺激にさらされやすい状態。普段は目立った肌悩みがない人でも、いつもと違う肌のコンディションや違和感を覚えやすい“ゆらぎ肌”に陥ることが多いのです。

 冬の厳しい乾燥と戦ってきた肌は、ただでさえダメージが蓄積して乾燥が進み、角質が厚くごわついています。そこに花粉やホコリ、紫外線や寒暖差などによる影響や生活環境の変化も加わると、肌にかかる負担は大きなものに。違和感を感じることが多くなるのも納得です。

  • 冬の乾燥した肌ダメージが蓄積して角質層が乱れ、カサつきやごわつきが目立つ
  • 春にトラブルが現れた肌花粉やホコリ・紫外線などの影響により、さらに乾燥が進んでトラブルが増加
  • 健やかな肌角質層が整うことでさまざまな外的要因から守られ、ふっくらハリを感じさせる美しい肌

〈対策〉 角質層をうるおいで満たして、肌を外的要因から守る

 そんな春の“ゆらぎ肌”を防ぐには、肌をうるおわせてとどめることが第一。そのためには、角質層ケアがポイントになります。
 角質層とは、肌の一番外側にある部分。角質細胞内にあるNMF(天然保湿因子)とセラミドなどの細胞間脂質のバランスが正常に保たれている時は、角質層がふっくらうるおってきれいに整います。外からの刺激や異物から肌を守るバリア機能と、肌内部の水分を保持する保湿機能に優れ、内側からハリを感じさせる見た目にも健康的で美しい肌です。


〈結論〉

整った角質層を育むには、たっぷりのうるおい補給と、肌に負担をかけない丁寧なお手入れが必要です。その日の肌の感触をしっかり確かめながら、優しく労わってあげましょう。刺激やダメージに負けない美しい肌で、心弾む春を楽しみたいですね!

春のゆらぎ肌を防ぐスキンケアポイント

  • 帰宅後はすぐに化粧を落とす

    外出時は花粉やホコリが素肌に触れないよう、化粧をするのがおすすめ。帰宅後はできるだけ早く化粧を落として、花粉やホコリを洗い流して。

    帰宅後はすぐに化粧を落とす
  • すすぎはぬるま湯で丁寧に

    熱いお湯で洗うと必要以上に皮脂や水分を奪ってしまうため、肌が乾燥してしまいます。ぬるま湯で優しく洗うのがコツ。

    すすぎはぬるま湯で丁寧に
  • タオルの摩擦に気をつける

    ゴシゴシ擦って拭くと、摩擦で皮膚が傷つき、乾燥の原因に。
    柔らかいタオルで軽く押さえるように水気をとりましょう。

    タオルの摩擦に気をつける
  • 保湿力の高い化粧水やパックでうるおい補給

    肌のコンディションや乾燥が気になる時は、化粧水の重ねづけやパックなどで保湿ケアを強化。化粧水の肌なじみをサポートする導入美容液もおすすめです。

    保湿力の高い化粧水やパックでうるおい補給
  • 日焼け止めを忘れずに

    春から急増する紫外線。うっかりしていると、いつの間にか影響を受けてしまいます。日焼け止めでしっかり紫外線対策を。

    日焼け止めを忘れずに
今回のおすすめアイテム